おすすめレズ専門出会いサイトはコチラ!

ランキング1位GIRLSxGIRLS


ランキング2位PLATINUM LADY


気の合う同性の友達から恋愛相手まで幅広く探せるのはこちら! プロフも登録後変更可能なので気軽に参加できるのがと評判のサイトです!!

お試しポイントプレゼントの高い人気上昇中の注目サイト♪ プライバシー、スパムメール配信も徹底管理されているので安心・安全に楽しめます☆


最新情報

2014年6月23日
レズの魅力
不誠実な男性
レズ出会い系サイトを上手に活用する為には不誠実な男性になる必要があります。 現実の社会においての常識がインターネット社会においての非常識だと言えますし、その逆も然りなのです。 だから貴方がどれだけ誠実な人間でもネットを活・・・
2014年6月18日
レズの魅力
相手との話題は新鮮にがキホン
レズ出会い系サイトで彼氏彼女をゲットしたい人にとって大切な事、それは メールで話す内容を楽しいものにすることです。 文字のやりとりであったとしても、それを読む相手は人間だから やはり顔を見て話をしているような感じでメール・・・
2014年6月16日
レズの魅力
人見知りでも出会い系サイトなら大丈夫
恋人ができない理由の1つに人見知りがあると思います。 また同性と緊張してしまい、どうしても話しができないという人もいるでしょう。 やはりそのような人が恋人を作るというのは、なかなか難しいものがあります。 それに出会いがほ・・・
2014年6月12日
その他記事
初メールで他の人と差をつける
どうしてもレズ出会い系サイトで自分好みの彼氏・彼女がほしいと思うのであれば、 まず最初のメールで相手の気持ちをとらえて他の人と差をつけましょう。 当然、自己紹介をして自分の事をしっかり伝えることも大事なのですが、 最初の・・・
2014年6月6日
その他記事
レズセフレができた
男性が女性のセフレがほしいと思うのは、ある意味ふつうのことであると言えます。 もちろん女の子だって、男性のセフレがほしいと思うことがあったとしても、別段不思議なことではありません。 でも、中には「女の子のセフレ」がほしい・・・

不誠実な男性

レズ出会い系サイトを上手に活用する為には不誠実な男性になる必要があります。
現実の社会においての常識がインターネット社会においての非常識だと言えますし、その逆も然りなのです。
だから貴方がどれだけ誠実な人間でもネットを活用する時には不誠実に振舞うくらいが丁度いいということが出来ます。
例を挙げるとレズ出会い系サイトを介して某女性と知り合って相手に対して興味を持ったとします。
日常生活の場合出会い系完全攻略法はその女性だけに只管愛情を注いで、律儀にメール交換を行信頼関係を築いていきます。
そんな誠実な態度では、あなたはネット上では絶対に痛い目に遭うと言うことが出来ます。
例を挙げると同じレズ出会い系サイト内でその女性とは異なる別の女性と同時並行でメール交換をする。
つまり二股をすることでそのサイトにおける女性の反応パターンを知ることが可能です。
もしくはその女性に対して複数のIDを使用し何人もの男性のフリをして相手とメール交換をするのです。
そうすることで違った角度から相手を見ることが出来ますし相手の反応のパターンを把握することが可能です。
そんなテクニックを活用することでサイトでの女性の反応パターンが全く一緒だったり、文章表現・言葉遣いに共通点がある場合があるのです。
その時多分一人のサクラがミスを犯していると判断することが出来ます。
そうすることで貴方は自分がサクラに騙されて深みに嵌ることから抜け出すことが可能なのです。
中でもサクラというのは面倒な質問にはつい面倒なので同じ対応をしていまいます。
その他にもリアクションが一緒という場合があります。
だから自分から罠を仕掛けることでサクラを簡単に撃退することが出来るのです。
一人のあなたが、何人もの男性を演じ分けることで一つのIDでは知ることが出来ない多面的な視点で相手を見ることが出来ます。
そんな風に最初は相手を疑って掛かることが結果として我が身を守ることに繋がります。
だから慎重になりさらには不誠実に振舞うことをお勧めしたいと思います。

相手との話題は新鮮にがキホン

レズ出会い系サイトで彼氏彼女をゲットしたい人にとって大切な事、それは
メールで話す内容を楽しいものにすることです。
文字のやりとりであったとしても、それを読む相手は人間だから
やはり顔を見て話をしているような感じでメールの内容が楽しくなければなりません。
そのなかで同じような話ばかり繰り返す人は、つまんない相手だと思われてしまいます。
相手をわくわくさせるような読みたいメールを送ることができたら、相手が自分と会話するのが
楽しくなって直メアドを交換することに繋がったり、直接にデートすることになったり
そんなきっかけとなるでしょう。
相手が若い女性だったならば、流行の話題をこちらから振っていく努力をしないと
飽きられてしまう場合があるのです。
相手のメールの内容から、どのようなことに関心があって
普段、興味があることはなんなのかを想像して、話が弾みそうな話題を
ネットや雑誌などから集めるようにしてみましょう。
最初は相手の自己プロフを見て、関心がありそうなことを考えることになるんですが、
幾度か会話をしていくうちに、相手の好きなことが何か、
どのような雑誌を読んでいるのかなど、質問をしてみるのもいいかもしれません。
相手がどんなことが好きかという話題集めをしていくことで、話題が豊富になります。
そして相手の投げかけてくる話題にも興味をもって接してあげましょう。
せっかく相手が出してきた話題に、あなたが乗ってあげないと
この人は自分のことに興味がないのかもしれない、と思われるかもしれません。

人見知りでも出会い系サイトなら大丈夫

恋人ができない理由の1つに人見知りがあると思います。
また同性と緊張してしまい、どうしても話しができないという人もいるでしょう。
やはりそのような人が恋人を作るというのは、なかなか難しいものがあります。
それに出会いがほしいと思っても、
出会いの場に踏み入れるということもできないかもしれません。
人見知りであれば、合コンなどにいっても気まずい思いをするでしょうしね。
そんな人たちでもコミュニケーションがとれるのがレズ出会い系サイトです。
レズ出会い系サイトであれば、同性とメールでコミュニケーションを取ることになります。
面と向かって話すわけではないので気持ちも楽でしょう。
メールであれば簡単に緊張することなくコミュニケーションをとることができます。
メールは考えながら言葉を選べるので、
対面のように話しの間があいて気まずい雰囲気になることもないですからね。
話しの内容も共通の趣味をもつ相手であれば、つきることもないでしょう。
ですからコミュニケーションが苦手な人でもレズ出会い系サイトであれば、
気軽にやりとりができるのです。
メールで話すことになれてくれば、対面で話すことも苦じゃなくなってきますよ。
ですから人見知り克服の意味でレズ出会い系サイトを使うのもいいですね。
レズ出会い系サイトで知り合った相手と仲よくなるためには、
初めから仲よくなれそうな相手を選ぶことがとても重要になってきます。
例えば共通点があった人の方が仲よくなりやすいですよね。
ですから、プロフィールをしっかりと書いていくことは重要ですよ。
レズ出会い系サイトを使えば、必ずどこかで同じ趣味の人と出会うことがあるでしょう。
その時にいかにうまくアピールできるかが、出会えるかどうかの境になっています。
プロフィールに書いてある趣味が適当だとすぐにわかります。
相手に合わせているつもりでも、相手にしてみれば楽しくないですからね。
しっかりと相手の話題についていけるぐらいの知識は必要ですからね。
たいして詳しくもないのに、
詳しいふりをしていても相手にしてはつまらない男だと思うだけです。
ですから、アプローチする相手は自分と同じ趣味の人を探すといいですよ。
趣味が同じで話しがあうと思ってもらえれば、
メールの返事をしてもらえる可能性も高いでしょう。
逆に対して詳しくなさそうだと思われたら、楽しくなさそうなので無視されます。
共通の話題というのは、レズ出会い系サイトでは対面以上に重要な要素になっています。
いろんな趣味があれば、それだけ有利かもしれませんね。

初メールで他の人と差をつける

どうしてもレズ出会い系サイトで自分好みの彼氏・彼女がほしいと思うのであれば、
まず最初のメールで相手の気持ちをとらえて他の人と差をつけましょう。
当然、自己紹介をして自分の事をしっかり伝えることも大事なのですが、
最初のメールを読んだときのイメージで、返事をするかどうかが、
その結果が変わる場合もあるからです。
自己紹介で書いているような内容をメールに書かなくてもいいのです。
それよりも自分の事については、必要最小限にしておくくらいで、
相手に自分の自己照会をあとでゆっくり見てもらえるように図ることだって出来るのですから。
だから自己紹介のページでは、自分の姿を相手がしっかり想像できるような内容であるように
書いておくことがまず基本です。
では、自己紹介で書いたことと重ならない、相手の心をとらえるような最初のメールとは
どんな内容なのでしょうか。
最初のメールはとにかくまっすぐで誠実さがあらわれる内容にするのがポイントです。
最初に書くメールは、自己紹介に書いているような事とこれからメールのやりとりを
したいなんて願望を書いているものが殆どです。
でも相手にとっては、こんな皆同じような内容のメールを繰り返して読むのは苦痛です。
だからメールのタイトルはまず相手が読みたいと思うような題名にするのです。
そしてその内容には、自分の自己紹介を読んでくれたことへのお礼と
自分のことだけでなく相手との共通点を探って共通の話題を入れていくことも
積極的にしていくようにしましょう。

レズセフレができた

男性が女性のセフレがほしいと思うのは、ある意味ふつうのことであると言えます。
もちろん女の子だって、男性のセフレがほしいと思うことがあったとしても、別段不思議なことではありません。
でも、中には「女の子のセフレ」がほしい「女の子」もいます。
つまりは、レズビアンという方向に走った女の子です。
最近は、男性だけでなく、女性や若い女の子も出会い系サイトを利用するような時代になってきています。
「出会い系サイト」とひと口で言ってみても、そこには非常にいろいろなサイトが存在しています。
もちろん、一番「出会い系サイト」のイメージに合致していると思われる「恋人探し」や「メル友探し」という種類のもっともメジャーなタイプの出会い系サイトもありますが、他にも、たとえば「セフレサイト」と呼ばれるセフレ探しのためのサイトや、「不倫サイト」と呼ばれる不倫相手を探すためのサイトなどもあります。
そして、どのタイプのサイトにも、男性だけではなく、女性や若い女の子が積極的に参加するようになってきているという傾向があります。
そして、いわゆる「レズ」の女の子は、そういったサイトを利用して、同じ嗜好の女性や女の子を探すのです。
レズビアンの出会いというのはいろいろな形があって、もちろんはじめから自分がレズビアンであるという認識のもとに、相手を探すことも多いですが、そういった募集をしている女の子や女性に対してアプローチを試みる女性や女の子は、自分がはじめからレズビアンであるという場合に限っているわけではありません。
どちらかといえば、自分はレズビアンではないけれど、レズプレイに興味があるというところから、会話を重ねるうちに徐々にレズの魅力に取りつかれるようになるというケースのほうが多いでしょう。
いずれにしても、そのようにしてレズセフレの関係が築かれるケースが多いです。
ですから、レズセフレを探す場合にも、普通のセフレを探すのと同様、出会い系サイトは有効なのです。

「彼女」とのセックスを望む人妻

彼女と定期的に会ってセックスするのが最近の一番の楽しみなんです――もしだれかがそんなことばを口にしたとすれば、その「だれか」は当然「男性」であると思うでしょう。
もしその「だれか」が男性であれば、それは男性ならだれでも当然の、非常に正直な気持ちを素直に表現しているということになるでしょう。
ところが、私がこのことばを耳にしたのは、なんと「女性」の口からだったのです。
しかも、30代の「主婦」の口からそんなことばが飛び出してきたのですから、その驚きも尋常なものではありませんでした。
はじめ私は、「彼氏」というべきところを「彼女」と言い間違ってしまったのかと思いました。
仮に「彼氏」が正しかったとしても、これは間違いなく「禁断の告白」ということになるわけですから、大いに驚いた私の気持ちもご理解いただけることと思います。
ただ、彼女は間違いではなく、素直に「彼女」ということばを口にしたのです。
そうです。
つまり彼女はいわゆる「レズビアン」だったのです。
私の知る限り、その女性は旦那さんとの関係も決して悪くなかったはずです。
むしろ一般的に見ても良好な夫婦関係を築いていたと考えることができるでしょう。
しかし、男女の中だけではなく、女同士のセックスであっても、やはりそこには理屈では説明できない何かがあるようです。
彼女のことばを借りれば、他の男性と不倫をするより、同性の恋人とセックスすることのほうが、罪の意識はずっと小さかったと言います。
そのあたりの考え方のメカニズムは私にはよく理解できませんでしたが、もしかしたら「その気持ちはよくわかる」という人もいるのかもしれません。
実際、男性との不倫にはこころが咎めるのに、女性とのレズ行為はそれほど良心が咎めないという女性は意外と多いようです。
話によれば、その女性は潜在的にレズビアンの気があったようです。
若いころもほとんど男性と遊ばずに今の旦那さんと結婚し、夜の営みも毎日のように行っているのは間違いないのですが、正直旦那さんとではそれほど興奮しないのだと言います。
そして、あるレズビアンの女性と出会い系サイトで知り合って、はじめて女性とのセックスを経験して以来、そのとりこになってしまったのだということでした。

出会い系に登録してる人たち

直接顔をあわせていると相手のことを思いやることもできるのですが、まだまだSNSやレズ出会い系サイトでのルールとマナーは確立していないような気がします。
本名や連絡先を知らないからと簡単に関係を切ってしまえるネットの世界だからこそきちんとマナーを守ってお互い気持ちよくすごしたいものですよね。
では、出会い系におけるルールとマナーというのはどのようなものでしょうか。
たとえばリアルなら、掛け持ちで数人の同性を口説いていたら「何それ〜」「ひっど〜い」となりますが、出会い系に登録してる人たちはたいてい2〜3名の同性とメールなどでやり取りしているものです。
そこら辺は多めに見てあげるのが筋なのかもしれませんね。
もしもリアルで本当に付き合うようになったとしたら、いつまでもサイトに登録していないで「恋人ができたので」とそれまでやり取りしていた同性に挨拶をして立ち去るのがベストでしょう。
せっかくゲットした彼女が「なんでまだ続けているの!」と怒って別れる宣言されたらもともこもないですもんね!
では絶対に許せないこと。
それはついてはいけない嘘をつくことです。
年収や学歴、経歴など結婚条件で相手が重視しそうなところはいずればれるので、問題になるような嘘はルール違反です。

男性に興味を持てない女性

男性には興味が持てないという女性が最近増えてきているようです。
これが何らかの病理現象を指示しているのか、それとも恋愛屋セックスに対する価値観が多様化しているということなのかはよくわかりませんが、どちらにしても、そういった嗜好の女性が増えてきています。
しかも、男性との経験がまったくないということではなく、男性とのセックスの経験があるにもかかわらず、男性とだとどこか違和感を感じる、何かしっくりこないと考える女性が、女性とのセックスによって、いわゆる「レズビアン」の素性にはじめて気づいたというケースも珍しくないようです。
基本的に、動物というのは性欲には素直に反応するものですが、そのような女性が増加してきているという現実を踏まえて考えると、男性が女性に、あるいは女性が男性に対して抱く性欲と、女性が女性に対して抱く性欲とは、まったく同じものであるということが実感できます。
ですから、レズビアンの女性は男性と交わりながらも、こころは女性との交合を欲しているのです。
それが行動となって現れるのが、いわゆる「出会い系サイト」を利用してのレズプレイ相手を探すという行為です。
出会い系サイトは、もちろん基本的には女性との出会いを模索した男性と、男性との出会いを模索している女性とがメインに利用していることは間違いありません。
しかし中には、女性との出会いだけを求める女性が含まれているということもまた間違いありません。
また、出会い系サイトを利用している女性の中には、自分がレズビアンかどうかがわからないながらも、男性からのアプローチよりも同じ女性からのアプローチをより楽しみにしているというケースも珍しくありません。
しかも、メル友とか趣味友とかいうレベルではなく、もっと踏み込んだ関係を望む女性も潜んでいるのです。
ですから、同じ嗜好の女性は、出会い系サイトを積極的に利用してレズセフレを探すという考え方も悪くないのではないでしょうか。

妥協を許してはいけない

レズ出会い系サイトを利用する上で重要なものはいくつかあります。
ファーストメールもとても大切です。
ファーストメールがだめだと、やり取りをすることもできなくなってしまいます。
また、メールと言えば、デートに誘うメールも重要性が高いですよね。
いくらメールをすることはできたとしても、デートに断られてしまうと、これまでの苦労が無駄になるわけですからね。
この二つのメールもとても大切ですが、プロフィールだって重要性がとても高いと思います。
レズ出会い系サイトに登録をすると言う事はプロフィールを必ず作らなくてはなりません。
そして、そのプロフィール次第で、ファーストメールの反応もかなり違ってくることになるのです。
それだけ出会いに対して大きな影響を与えることになるのです。
レズ出会い系サイトの場合、一般的に女性に男性がファーストメールを送り、メールをしてくれるのを待ちます。
しかし、女性はあなた以外の男性からも相当ファーストメールが送られてきているのです。
その中で、一部の男性にだけ返信をするわけですが、その返信をするかどうかを何で決めるのかというと、プロフィールであることが非常に多いのです。
メールを確認して、興味が湧いた男性のプロフィールを見て、さらに絞り込みます。
ですから、ファーストメールに対して興味を示しても、それだけでメールを返してくれるわけではないと言う事です。
メールはしっかりと作り込んでいても、プロフィールが全然だめだと、メールを返してもらうことはできなくなってしまいます。
ですから、プロフィールも妥協を許してはいけないと言う事です。

相手によく知ってもらうのが出会いのコツ

好みの同性と出会い系で知り合って交際したいというならば、
自分について相手によく知ってもらうのが信頼してもらうコツとなります。
でも真面目に好きになっていくにつれ、相手に自分主張しすぎて引かれてしまう、
そんな男性はかなりいるのが普通です。
真剣な気持ちで自分をアピールしているのはわかるのですが、
その気持ちがこもったメールをもらう相手を思いやるのが大事です。
特にナルシストなメールというのは女性にとっては気味悪いだけなので、
自分を誇張したり、毎回写真つきメールを送るのは、
やめたほうがいいと思います。
自分がカッコいい思っている人は、画像を送って相手の気持ちを向けさせようとするのでしょうが、
実際にはメールで会話していくうちに、どれだけ相手が信用できるかで
その画像が効いてくるかどうかが決まります。
ですから最初からすぐに画像つきメールを送っても、信用されていないというときには、
振り向かそうとしている手段でしかなく、容姿がよければ逆に他人の画像で
騙そうとしているなどど疑われるという場合もありえます。
それに容姿を気にしている女性がそんな画像つきメールを受け取ったなら、
相手の女性は画像を送るように言われているように思い、「そんな強引な人は…」なんて
逆に引かれてしまうことにつながるのです。
自分の容姿を見てもらいたいと思うのであれば、なおのこと慎重に相手と会話を重ねていくことで
出会えるチャンスが増えていくのです。
画像をメールにつけるかどうかは、どの時々の場合をみて、最も効果があるときをねらってつけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ